就業規則は作成しないといけないのですか?


常時10名以上の従業員を雇用している場合、就業規則を作成する義務があります。また、本社と事業所があって、他の事業所にも常時10名以上の従業員がいる場合には、事業所ごとに就業規則を作成する必要があります。

101EA0A1556.jpgのサムネール画像
・就業規則とは
就業規則とは、事業所内の労働者に適用される労働条件や職場の規律事項を使用者側が定めたルールです。

労働条件を決めるとき、個別に労働契約によって決定することも可能ですが、契約締結前に就業規則の内容を周知させていた場合には、その労働条件が適用されます(労働契約法7条本文)。

また就業規則には、賃金や就業時刻、休憩時間や休日、休暇、退職に関する事項、解雇事由などを記載する必要があります。

・就業規則を作成すべき義務を負う企業
就業規則を作成しなければならない企業とそうでない企業があります。

まず、常時10人以上の労働者を雇用している事業所は就業規則を作成すべき義務を負います。就業規則は「事業所ごと」におく必要があります。たとえば本社と別に事業所があり、そこにも常時10人以上の労働者が雇用されているならば、そちらの事業所にも就業規則を用意する必要があります。

これに対し、従業員が10人未満の場合には作成不要です。

・就業規則は周知する必要がある
就業規則は、単に作成するだけではなく「周知」が必要です。

周知とは、労働者が確認したいと思ったとき、いつでも就業規則を確認できる状態にしておくことです(労基法106条、労働基準法規則52条の2)。

就業規則は、自社の状況に応じたものを作成すべきです。作成方法がわからない場合やより有効な内容への改定を考えておられるならば、一度弁護士までご相談下さい。

労働問題(使用者側)Q&A

No 質問
20 整理解雇するための要件を教えて下さい
19 就業規則が法律に違反していたらどうなるのですか?
18 36協定とは何ですか?
17 就業規則は作成しないといけないのですか?
16 従業員が経歴詐称していたら解雇できますか?
15 年俸制の場合、残業代を支払わなくても良いのですか?
14 団体交渉の応諾義務の範囲を教えて下さい。
13 突然聞いたこともないような労働組合から団体交渉を申し入れられました
12 退職金規定があるときに退職金を支払わないとどのような問題がありますか?
11 退職金規程は作成しないといけないのですか?また、作成するとどのようなメリットがあるのですか?
10 労働審判の通知が来たのですが、どう対応したら良いですか?
9 未払い残業代の遅延損害金と付加金について教えて下さい
8 従業員から未払い残業代の請求をされました。どうしたらいいですか?
7 退職した従業員からも残業代請求されますか?
6 法律上解雇できないケースがあると聞きました。具体的にはどういったときに解雇が認められないのでしょうか?
5 退職勧奨が違法になる場合があるのですか?
4 退職勧奨と解雇の違いは何ですか?
3 解雇予告、解雇予告手当の手続きをしたら解雇できますか?
2 問題のある従業員を解雇する手順は?
1 従業員を解雇できるのはどのような場合ですか

福井市で法律相談のご予約 まずはお気軽にご相談下さい。 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)
福井市の弁護士ならふくい総合法律事務所を推薦します!推薦者の声皆さまからたくさんの「ありがとう」を頂きました!お客様の声
弁護士紹介弁護士費用
弁護士コラムバナー.pngfacebookバナー.jpg

Contents menu

福井市の弁護士ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所)概要 お電話によるお問合せはこちら 0776-28-2824 受付時間 平日9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)

Access Map 対応エリア 福井県全域対応

当事務所の運営サイト
  • 福井の弁護士による交通事故のご相談
  • ImgLS3_3.jpg
  • ふくい総合法律事務所 Komaeda  Law Office
  • 福井の弁護士による相続のご相談

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市  鯖江市  あわら市 | 越前市 |  坂井市  永平寺町  池田町  南越前町  越前町 |

嶺南

敦賀市| 小浜市  |美浜町| 高浜町|おおい町|若狭町|

 

初めての方でも安心してご相談いただける地元福井市の法律事務所です。
Copyright (C) 2013 弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧:小前田法律事務所) All Rights Reserved.