• HOME
  • 労働問題(使用者側)Q&A
  • 法律上解雇できないケースがあると聞きました。具体的にはどういったときに解雇が認められないのでしょうか?

法律上解雇できないケースがあると聞きました。具体的にはどういったときに解雇が認められないのでしょうか?


解雇したい従業員がいるとき、解雇予告をして解雇の要件を満たせば解雇できると考えられていることがありますが、それ以前に「そもそも法律によって解雇が禁止されている」場合があります。

以下では、法律上解雇が禁止されているケースがどのようなものか、解説します。
相続遺言Q&A
・労働基準法によって禁止される場合
解雇を禁止する法律上の根拠にはいろいろありますが、まずは代表的な労働基準法による規制内容をみてみましょう。以下のような解雇は認められません。

・国籍、信条や社会的身分を理由にした解雇(3条)
・業務上の怪我や病気による休業期間や、休業明け30日間の解雇(19条)
・産前産後の休業期間中やその後30日間における解雇(19条)
・労働者が労働基準監督署に企業の不正等を申告したことを理由にした解雇(104条)
・解雇予告や解雇予告手当の手続きをしないで行われた解雇(20条)


・その他の法律によって禁止される場合
・女性であることや、女性労働者が結婚、妊娠、出産したこと、産前産後の休業をしたことを理由にした解雇(男女雇用機会均等法9条)
・育児や介護休業の申出をしたことや、それらの休業を取得したことを理由にした解雇(育児・介護休業法10条)
・公序良俗に違反する解雇(民法90条)
・権利濫用になる解雇(民法1条3項)
・労働組合に加入していることや実際に組合活動をしていることを理由とした解雇(労働組合法7条)

以上のように、そもそも解雇が認められない場合には、解雇の合理性や相当性を検討するまでもなく解雇が違法無効となるので、注意が必要です。

解雇について悩まれているなら、一度弁護士までご相談下さい。

労働問題(使用者側)Q&A

No 質問
8 従業員から未払い残業代の請求をされました。どうしたらいいですか?
7 退職した従業員からも残業代請求されますか?
6 法律上解雇できないケースがあると聞きました。具体的にはどういったときに解雇が認められないのでしょうか?
5 退職勧奨が違法になる場合があるのですか?
4 退職勧奨と解雇の違いは何ですか?
3 解雇予告、解雇予告手当の手続きをしたら解雇できますか?
2 問題のある従業員を解雇する手順は?
1 従業員を解雇できるのはどのような場合ですか

福井市で法律相談のご予約 まずはお気軽にご相談下さい。 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)
福井市の弁護士ならふくい総合法律事務所を推薦します!推薦者の声皆さまからたくさんの「ありがとう」を頂きました!お客様の声
弁護士紹介弁護士費用
弁護士コラムバナー.pngfacebookバナー.jpg
福井市の弁護士ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所)概要 お電話によるお問合せはこちら 0776-28-2824 受付時間 平日9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)
Access Map 対応エリア 福井県全域対応
当事務所の運営サイト
  • 福井の弁護士による交通事故のご相談
  • ImgLS3_3.jpg
  • ふくい総合法律事務所 Komaeda  Law Office

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市 | 越前市 | 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 |

嶺南

敦賀市| 小浜市  |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|
初めての方でも安心してご相談いただける地元福井市の法律事務所です。
Copyright (C) 2013 弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧:小前田法律事務所) All Rights Reserved.