労災被害において弁護士に依頼するメリット

0091_160223AX.jpg   「高所での業務を行っていたところ足を滑らせて転落してしまった・・・。」
「荷物を積み込もうとしたところ、積荷が大きく揺れて激突された・・・。」
「業務中に機械に挟まれ大怪我をしてしまった・・・・。」

このように、業務中に負傷をしてしまったり、場合によっては業務中の事故によって死亡に至ってしまうことがあります。
 
このような業務中の事故は様々ありますが、業務中の事故によって負傷した場合、労働者は休業補償給付などの労働保険給付の請求を行うことによって、会社(事業主)は労働者に対し休業補償を行わなければなりません。
 
しかし、労災保険の申請をしようとしたとき、会社(事業主)は、「保険料を支払っていない」「労基署の立ち入りが怖い」など、会社都合での理由によって、労災保険の申請を拒否することがあります。
 
労災保険の利用は、労働者に与えられた「権利」ですので、このような会社都合による労災申請の拒否はあってはいけないことなのですが、現実ではこのような問題も発生しているのです。
 
もし、労災申請を会社に断られた場合、弁護士に相談し、依頼をすることによって、弁護士はあなたの代理人になり、迅速に、かつ適切な労災保険の申請が可能なようにサポートいたします。
 
労働災害でお悩みになられている方は、決してお一人でお悩みにならず、まずは弁護士にご相談下さい。

労災についてはこちらもご覧下さい。

●労働災害で弁護士に依頼するメリット ●安全配慮義務とは? ●損害賠償額の計算について
ImgTop3.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●弁護士費用 ●アクセス

初めての方でも安心してご相談いただける地元福井市の法律事務所です。
Copyright (C) 2013 弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧:小前田法律事務所) All Rights Reserved.