契約書のチェックポイント

ビジネスを行なう中では、様々なシーンで契約書が使用されていますが、契約書に関わるトラブルが起こる事も少なくありません。ここでは、ビジネスシーンでよく用いられる契約書の書式例をご紹介致します。該当する契約を取り交わす際には、契約書を作成されることをお勧め致します。
 

1.秘密保持契約書

当事者間で営業内容に関わる秘密情報をやり取りする際に、当該情報が第三者に漏洩することを防ぐために取り交わす契約書です。インターネットなどの普及によって、ますます情報に対する取扱いは注意しなければならなくなっておりますので、きちんと契約書を取り交わすことをお勧めします。
 

2.金銭消費貸借契約書

お金の貸し借りをする際に、基本的事項や弁済期が守られなかった場合の責任追及方法を定める契約書になります。
 

3.売買契約書

売買契約書は、ものの売買をしたい際に必要になる契約書になります。売買を継続的に行なう際は、最初に継続的取引契約が交わされることもあります、この売買契約の派生型になります。
 
これらの3点の契約書は、ビジネスシーンにおいて比較的よく交わされる契約書の代表例としてご紹介させていただきました。しかし、その他にも契約書は様々ございますので、これら以外の契約例、また契約書にある項目を盛り込みたいが記載方法が分からないなど、契約書の作成に当たってお困りになられていることがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



契約書についてはこちらもご覧下さい。

●契約書のチェックポイント ●契約書作成の注意点
●契約書作成のメリット ●契約書に関するトラブルに対する対処法
ImgTop3.jpg
●HOME ●弁護士紹介 ●事務所紹介 ●弁護士費用 ●アクセス

初めての方でも安心してご相談いただける地元福井市の法律事務所です。
Copyright (C) 2013 弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧:小前田法律事務所) All Rights Reserved.