公正証書遺言とはどのような遺言ですか?作成方法も教えて下さい。


公正証書遺言とは、公務員である公証人に、公正証書の形で作成してもらう遺言書です。自筆証書遺言よりも信用性が高く、無効になりにくいメリットがあります。弁護士に遺言書の作成を依頼したら、普通は公正証書遺言によって遺言書を作成することとなります。 101EA0A1556.jpgのサムネール画像
公正証書遺言を作成するときには、まずはどのような内容の遺言を作成するのか、自分で決めないといけません。公証役場では、遺言の内容についての相談には乗ってくれないためです。自分で内容を決められない場合には、弁護士に相談すると良いでしょう。

遺言内容を決めたら、公証役場に遺言書の作成を申し込みます。すると、公正証書遺言を作成する日にちが決まりますが、それまでに、必要書類を集めておく必要があります。実印と印鑑登録証明書、遺言者と相続人との関係を示す戸籍謄本、遺贈をする場合には受遺者の住民票などの本人確認書類が必要です。

また、証人を2名用意する必要があります。自分で用意できない場合には、公証役場で紹介してもらうことができます。

当日、公証役場に行くと、公証人が遺言書を作成してくれています。これを読み聞かせてもらい、証人2名の面前で署名押印をして、証人にも署名押印をしてもらったら、公正証書遺言ができあがります。遺言書の原本は公証役場で保管されることとなり、遺言者本人には写しである正本や謄本が交付されます。


相続・遺言Q&A

No 質問
48 相続人から虐待されています。相続人の廃除ができるのでしょうか?
47 相続欠格とは何ですか?どのようなときに欠格者になるのですか?
46 遺言をしたいのですが、遺留分を主張されると困ります。遺産を残したくない相続人に、遺留分を放棄させることはできますか?
45 遺留分を請求したいときには、どのような手続きを利用すれば良いのでしょうか?
44 私は、法定相続人なのに遺言があるので遺産をもらうことができません。何ももらえないままなのでしょうか?
43 寄与分がある場合の遺産の計算方法を教えて下さい
42 寄与分が認められるケースはどのような場合ですか?
41 私は、生前親の介護に専念してきたのですが、遺産を多くもらうことはできますか?寄与分とは何ですか?
40 特別受益があるときの遺産の計算方法を教えて下さい。
39 生命保険の受取りは、特別受益になりますか?
38 特別受益があるとき、特別受益の財産や他の相続財産は、いつの時点の評価を基準に評価したら良いですか?
37 相続人の中に、生前贈与を受けている人がいます。特別受益があるのでしょうか?特別受益はどのようなケースで認められるのですか?大学の費用も特別受益になりますか?
36 将来の相続トラブルを効果的に防ぐには、どうしたら良いでしょうか?
35 遺贈と死因贈与は何が違うのですか?
34 遺言執行者に指定されているのですが、何をしたら良いのですか?断ることはできますか?
33 遺言執行者の選任方法や解任方法を教えて下さい
32 遺言を確実に実現する方法があるのですか?遺言執行者とは何ですか?
31 遺言書の検認とは何ですか?
30 秘密証書遺言とは、どのような遺言ですか?
29 自筆証書遺言と公正証書遺言は、どちらがおすすめなのでしょうか?
28 公正証書遺言とはどのような遺言ですか?作成方法も教えて下さい。
27 自筆証書遺言の作成方法を教えて下さい
26 内縁の妻に遺産を残したいときには、どうしたらいいですか?何もせずに放っておくと、私の前妻との子どもとの間でトラブルになるのでしょうか?
25 遺産分割協議をしても話合いができない場合、どのようにしたらいいでしょうか?
24 遺産分割協議をして不動産を相続しました。登記をしないで放っておくと問題がありますか?
23 不動産を共有にしたままだと、問題がありますか?
22 換価分割とはどのような方法ですか?メリットとデメリットを教えて下さい
21 代償分割とはどのような方法ですか?メリットとデメリットを教えて下さい
20 遺産分割の方法で、現物分割とはどのような手続きですか?メリットやデメリットも教えて下さい。
19 相続人に認知症の人がいるとき、遺産分割はどのように進めたらいいですか?
18 相続人に未成年者がいるときの遺産分割協議はどうしたらいいですか?
17 遺産分割協議を行う前に、相続人を調べる方法を教えて下さい
16 遺産分割協議とは何ですか?
15 法定単純承認とは何ですか?相続放棄ができなくなるのですか?
14 相続放棄の期限はいつまでですか?
13 限定承認の手続きは、どのようなものになりますか?
12 相続放棄の方法を教えて下さい
11 借金を相続したくない場合、どうしたらいいですか?
10 借金は相続の対象になりますか?遺産分割協議をして、一部の相続人に集中して借金を相続させることはできますか?
9 養子の子どもは代襲相続できるのでしょうか?
8 甥や姪の子どもは代襲相続しないのですか?
7 代襲相続とは何ですか?
6 亡くなった父に認知した子がいる場合、どのくらいの相続権が認められるのですか?
5 法定相続人は誰ですか?それぞれの法定相続分はどのくらいですか?
4 親が不動産を借りていたのですが、相続人が代わりに賃料を払わないといけないのでしょうか?
3 祭祀財産はどのようにして分けるのですか?
2 相続財産にならないものはどのようなものですか?
1 相続財産にはどのようなものがありますか?

福井市で法律相談のご予約 まずはお気軽にご相談下さい。 0776-28-2824 受付時間 9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)
福井市の弁護士ならふくい総合法律事務所を推薦します!推薦者の声皆さまからたくさんの「ありがとう」を頂きました!お客様の声
弁護士紹介弁護士費用
弁護士コラムバナー.pngfacebookバナー.jpg

Contents menu

福井市の弁護士ふくい総合法律事務所(旧 小前田法律事務所)概要 お電話によるお問合せはこちら 0776-28-2824 受付時間 平日9:30〜20:00(夜間・土日祝応相談)
Access Map 対応エリア 福井県全域対応
当事務所の運営サイト
  • 福井の弁護士による交通事故のご相談
  • ImgLS3_3.jpg
  • ふくい総合法律事務所 Komaeda  Law Office

対応地域 -福井県-

嶺北

福井市  大野市  勝山市 
鯖江市  あわら市 | 越前市 | 
坂井市  永平寺町  池田町 
南越前町  越前町 |

嶺南

敦賀市| 小浜市  |美浜町|
高浜町|おおい町|若狭町|
初めての方でも安心してご相談いただける地元福井市の法律事務所です。
Copyright (C) 2013 弁護士法人ふくい総合法律事務所(旧:小前田法律事務所) All Rights Reserved.